HOME > LPガス安心講座 > 消費機器検査・LPガス保安点検調査とは

LPガス安心講座 -消費機器検査・LPガス保安点検調査とは-

点検調査とは、お客さまにガスを安全にお使いいただくため、ガス事業法に基づいて3年に1度(液石法の場合、4年に1度)、ガス配管の漏えい検査、給排気設備(ガス風呂釜・ガス湯沸器)などの調査にお伺いするものです。
ご訪問の際、お客さまから点検費用をいただくことはありません。 また、お客さまの設備調査以外に道路に埋設してある供給管やガスボンベ等の供給設備に関しても定期的な点検を実施しており、お客さまが安心してガスをご利用頂けるよう努めております。

消費機器検査・LPガス保安点検調査の作業内容

配管のガスもれ調査、ガス機器や給排気設備等の調査など、LPガス設備全般についての点検・調査を
お客さま立会いのもと行います。お客さまの設備の状況によって異なりますが、作業時間は約30分程度です

ご訪問日のお知らせ

点検調査を行う際、事前にご訪問予定日と時間帯をお知らせしております。
ご訪問予定日のご都合が悪いときは日時の変更が可能です。

▲ページのトップへ

古くなったガス管交換のお願い

西部ガスエネルギーでは、古い(埋設後20年を超える)ガス管の交換をお願いしております。

ガス管腐食状況(例)

お客さま窓口一覧

LPガス安心講座メニュー

LPガスについて
LPガス基礎知識
LPガスの豆知識
正しい使い方
資産/設備の管理区分
安全に使用するためのチェックポイント
お手入れ
CO中毒に注意
緊急時にすること
ガスもれに気づいたら
災害にあったら
消費機器検査・LPガス保安点検調査とは
作業内容
ご訪問日のお知らせ
ガス管交換のお願い
安心をささえる器具
マイコンメータ
ガスもれ警報器
CO(一酸化炭素)警報器
ヒューズガス栓
器具に関する注意
大切なお知らせ
不完全燃焼による中毒
屋内式ガスふろがま
業務用厨房
不審な訪問・電話
にご注意
ガス会社の関係者を装った不審な訪問や電話

ページ先頭へ