HOME > 企業情報|エコへの取組み

企業情報|エコへの取組み

お客さま先における環境負荷の低減への貢献

地球温暖化防止などの環境問題への貢献と、限られたエネルギー資源の有効利用をご自宅でも行っていただける家庭用ガスコージェネレーションシステムのエネファーム、およびエコウィルの普及をめざしています。
また、これらと太陽光発電システムを組み合わせた「ダブル発電」の普及もあわせて行っています。

西部ガスエネルギーのエコエネルギー
エコジョーズ
太陽光発電
エネファーム

環境関連技術の研究開発の推進

来る低炭素社会の到来を見据え、水素エネルギーに関する研究を行っています。福岡水素エネルギー戦略会議は、次世代エネルギーの主役として期待されている水素を総合的に研究し、実証活動を行うシンクタンクとして2004年8月に福岡県を主体として設立されました。

福岡水素タウン

福岡水素タウン福岡水素タウンは、福岡水素エネルギー戦略会議が主催する「水素タウン構想」に基づいて福岡県糸島市南風台および美咲が丘にエネファームを集中設置し、社会実証実験を行っています。家庭用燃料電池を一地区に150台の集中設置することは、世界でも初めての事例で、西部ガスエネルギーがJX日鉱日石エネルギー(株)と共同で参画しています。
2009年2月に150台全ての設置が完了し、現在まで順調に稼働しています。
当社は、今回の「水素タウン」整備を皮切りに今後とも「環境にやさしい」エネルギー供給を念頭に、燃料電池の普及に向けて積極的に取り組んでまいります。

チャレンジ25キャンペーンに参加しています

西部ガスエネルギーは、平成20年11月26日に環境保全活動の一環として、環境省を中心とした国民的プロジェクト「チーム・マイナス6%」に参加しました。
当国民的プロジェクトは、平成22年1月14日から「チャレンジ25キャンペーン」に生まれ変わり、当社も引き続き、企業団体チャレンジャーとなっています。
西部ガスエネルギーは、「チャレンジ25キャンペーン」が推進する以下の「6つのチャレンジ」に取り組んでまいります。

Challenge1 エコな生活スタイルを選択しよう
Challenge2 省エネ製品を選択しよう
Challenge3 自然を利用したエネルギーを選択しよう
Challenge4 ビル・住宅のエコ化を選択しよう
Challenge5 CO2削減につながる取組を応援しよう
Challenge6 地域で取組む温暖化防止活動に参加しよう

福岡県エコ事業所に登録しています

エコ事業所登録証福岡県が推進する、省エネルギー、省資源活動に率先して取り組む「エコ事業所」に当社も登録しています。

福岡エコライフ応援サイト
[http://www.ecofukuoka.jp/]


企業情報


ページ先頭へ